資生堂様の持つ、触覚を測るセンサー技術「e-touch」を、社会の多くの人に役立つサービス・プロダクトへとつなげていくための新しい取り組みとして、IDLの主催の元、「SENSING DESIGN CONTEST2014」を開催しました。

「SENSING DESIGN CONTEST2014」は、主婦、学生、デザイナー、一般企業、職人など、業界や立場の壁を超えた人たちに参加してもらいながら、ひとびとの役に立つサービスやプロダクトのアイデアを、みんなで、考えるコンテストです。
そこから生まれる、複数のアイデアを、デザインのプロフェッショナルチームと共に実現していくアイデア実現型のコンテストになります。

オープンイノベーションを利用した、事業プロデュースプロジェクトとして、イキゴトは、一般社団法人イノベーションデザインラボと共に、コンテストの企画・WEBサイト制作・運営から、サービス化までを推進しています。
Client :資生堂
Date :2014/8~
Website :http://innovationdesignlab.jp/contest/
Keyword :
Project Flow プロジェクトの流れ
  • Phase .1 :

    企業の中に生まれている技術・資産についてヒアリングを行います。
  • Phase .2 :

    技術資産のサービス・プロダクト・事業化の可能性、実現手法について検討します。
  • Phase .3 :

    オープンイノベーションの形として、コンテストを開催。
    コンテストを通じて、技術の認知と、たくさんの人から、アイデアを集めていきます。
  • Phase .4 :

    選定されたアイデアを、異分野のプロフェッショナルと共に議論しながら、実現化に向けて推進していきます。
Project Point プロジェクトポイント
  • Pick up .1 :

    触センサー技術「e-touch」は、人間の肌に触れる感覚・触覚を測ることが出来る技術です。
    今まで、「そっと」とか「ぎゅっと」など、これまで曖昧な言葉でしか伝達できなかった自分の指先の力の加減や指の動きを、指の感覚そのままに教えてくれます。

    マッサージのプロの手の使い方、ゴルフ選手や野球選手のグリップの握り方、気持ちよく開けやすいパッケージの開発など、目に見えない触れる感覚を測ることで、新しいサービスや商品が広がります。
  • Pick up .2 :

    期間中は、ワークショップを通じて、実際に技術に触れる場を設けながら、半年間にわたりコンテストを、開催します。
  • Pick up .3 :

    コンテスト応募作品の中から、選ばれたアイデアに関しては、商品化・サービス化をサポート。
    デザイナーや起業家、投資家など一流のアドバイザーと共に応募者のアイデアの実現化をサポートしていきます。