みのりの投信 様
住むだけで、キレイになる家、寝心地が良くなる家、頭が良くなる家ができたら・・・


みのりの投信は、リーマンショックの金融危機以降、はじめて金融庁からの認可のおりた投資信託です。代表の立田さんは、2001年に米経済誌『Forbes』における「20 of the world’s Best Fund Managers」のひとりに選ばれ、2007年には米投信情報サービス会社Lipperから日本中小型株部門で10年間のBest Fundを受賞するなど、国内外の債券・株式運用に長年携わった経験が国際的に高く評価されているファンドマネージャーです。

金融業界の変革、日本の文化を表現する、日本人による日本らしい投資信託をつくりたいという思いを受け、みのりの(稲の実り)をモチーフにした投資信託のブランドプロデュースを行いました。開始1年で資産を、40億円を集めるなど良いスタートダッシュに貢献しました。
Client :株式会社ポートフォリア
Date :2013/4
Website :http://portfolia.jp/
Keyword :
Project Flow プロジェクトの流れ
  • Phase .1 :ヒアリング

    投資信託の立ち上げに対し、どんな思い、どんな社会を実現していきたいのかをヒアリングをしていきます。
  • Phase .2 :コンセプト・戦略・ネーミング作成

    理想の投資信託の世界観、ネーミングを固めていきます。
  • Phase .3 :WEBサイト・パンフレット制作

    ブランドの世界観を、クリエイティブで表現していきます。
    WEBサイト・パンフレット・金融業界で大切になる投資目論見書などを作成します。
Project Point プロジェクトポイント
  • Pick up .1 :みのりのサイクル?資産形成の流れを、農耕と捉え直した世界観を構築

    みのりのサイクルみのりのサイクル

    大地に種を薪き、育て、収穫し、また種を蒔くという農耕。
    資産形成は、農耕に似ていると捉え直し
     1. 種をまく - 大胆な選択
     2. 育てる  - 丹精を込めた運用
     3. 収穫する - 全天候で豊潤な成果
    以上のサイクルを、みのりのサイクルと名づけ、ブランドのトーンを構築しました。
  • Pick up .2 :投資信託業界で斬新なネーミングとビジュアル

    金融業界、投資信託という固いブランドイメージがある中、稲をモチーフにした斬新なビジュアルは、お客様の印象に残るブランドイメージの構築に成功しました。
  • Pick up .3 :クリエイティブ

    みのりの投信の世界観を、様々な媒体に合わせて最適に感じられるよう一貫したトーンで表現しました。
Effect 効果

稲(みのり)をモチーフにした、みのりの投信というネーミングと、斬新なビジュアルは、金融業界では他にない存在として、注目を集めることに成功。1年で資金40億円を集めるなど、ブランドの立上げに成功しました。

稲(みのり)をモチーフにした、みのりの投信というネーミングと、斬新なビジュアルは、金融業界では他にない存在として、注目を集めることに成功。

1年で資金40億円を集めるなど、ブランドの立上げに成功しました