Blog

2016.10.07

ブランディングとは何か?

本日は、ブランディングについてお話しいたします。

イキゴトは、様々な会社とともにブランドをつくっています。

私たちのブランディングアプローチについてお話しいたします。

イキゴトのブランディングアプローチにおいて、大切にしていることは3つあります。


1. ブランドのファンをつくること


“ブランドのファン”をつくることを私たちは大切にしています。

一過性のお客様ではなく、中長期的な関係を築くこと、
LTV(顧客生涯価値)の高いお客様をつくることを大切にしています。

企業や商品のファンをつくることで、お客様との絆を強くしていくことを大切にしています。

ファンを増やしていくことで、企業や商品は、ブランドになっていくと考えています。


2. ブランドの物語をつくること


“ブランドのストーリー”をつくることを私たちは大切にしています。

ブランドになるためには、お客様にとって明確なポジションを築かなければなりません。

靴といえば、○○。醤油といえば、○○など。
対象顧客の頭の中に、ブランドのポジションを築くことが、大切です。

イキゴトのブランディングアプローチでは、
どのようにブランドのポジションを社会に築いていくのかを明確にしていきます。
ブランドのアイデンティティを定義し、実現に向けた「ストーリー」を描いていきます。

ブランドのストーリーをつくることで、
企業や商品が、ブランドになるための歩みをつくり、皆で実現していくのです。


3. ブランドを育てていくための仕組みをつくること


ブランドを育てていくための仕組みをつくることを私たちは大切にしています。

ブランドを育てていくために、私たちは、2つのことを大切にしています。

“ブランドデザイン”と、“ブランドコンサルティング”

2つを組み合わせることで、ブランドを育てていくための仕組みをつくります。

“ブランドデザイン”とは、WEBサイトやパンフレット等のクリエイティブ媒体のことです。
ブランドを表現するデザインを通して一貫したイメージをお客様に与えていきます。

“ブランドコンサルティング”とは、ブランドを育てていくためのオペレーションづくりと人材育成を行うことです。
ブランドを社内外に浸透させていきます。

“ブランドデザイン”と”ブランドコンサルティング”を通して、ブランドを育てていくための仕組みをつくるのが、イキゴトのブランディングアプローチです。


まとめ


「ブランドのファンをつくるための、ストーリーを描き、ブランドを育てていくための仕組みをつくること」

これらを行うのが、イキゴトのブランディングアプローチであり、
わたしたちの考えるブランディングになります。

本日は、ブランディングについてお話しいたしました。

ブランディングについてご相談がありましたら、お気軽に相談ください。